お気楽50代夫婦が、旅行したところ、食べたもの、読んだ本など、いつもの毎日をつづっています。


by こはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
『おんな城主 直虎』第17回の紀行で紹介された、静岡県森町の【蓮華寺】です。

慶雲年間(704年ころ)、行基によって創建された東海の古刹です。
戦国時代、今川氏はこの寺を通じ、各地で腕を磨いた鋳物の名工たちを取りまとめ、
軍事力を強化していきました。
商人・瀬戸方久も度々、出入りしています。

e0347862_21561883.jpg


e0347862_21571081.jpg


e0347862_21584646.jpg


e0347862_21575817.jpg



さて、【西金谷八幡宮】です。
こちらの西金谷の八幡宮様には鋳物師の守護神が祀られていました。
現在は濁った池の畔の昼なお暗き所に小さな社がひっそりと残され、
辿り着くまで怖かったのですが、勇気をもって参らせていただきました。

e0347862_22023376.jpg


e0347862_22030422.jpg

こちらを見つけるまで苦労しました。
町立歴史民族資料館の館長さんに聞いたりして、ようやく探し当てました。
宝探しみたいでかなり楽しかったです。



[PR]
by koharu07028 | 2017-05-23 07:16 | 直虎ゆかりの地
今年も天竜浜名湖鉄道【浜名湖佐久米駅】にユリカモメが飛来し、海上で一休みしたり
電車と戯れたりしています。

e0347862_10420478.jpg


昨年は餌付けもあり、たくさんのユリカモメがいましたが、今年は鳥インフルエンザの影響で
餌付けが禁止され、数はだいぶ減っています。
昨年の様子はこちら


直虎電車が走っていきます。
e0347862_10421997.jpg

3月から4月にかけてシベリアに帰っていきますが、また浜名湖目指して戻ってきてほしいものです。

[PR]
by koharu07028 | 2017-02-11 17:40 | 静岡県ぶらり旅
『おんな城主 直虎』第2回の紀行で紹介された【井殿の塚】と【東光院】に行ってきました。

【井殿の塚】
天文13年(1544)12月、井伊直満(宇梶剛士)並びに直義兄弟は、
家老である小野政直(吹越満)の謀略により駿河の今川舘で殺害されます。
井伊家は深い悲しみの中、両者の遺骨を納めた輪塔|井殿の塚を建て供養しました。
江戸末期の嘉永5年6月には、大老・井伊直弼も来訪して塚に礼拝しています。

e0347862_21563404.jpg


e0347862_21564449.jpg


e0347862_21570815.jpg


e0347862_21565832.jpg


【東光院】
井伊直満の 事件の後、直満の息子である亀之丞も命を狙われます。
家臣の今村藤七郎の手助けにより東光院に逃げ込み、身を寄せていましたが、
更に追手が迫ったため、信州の松源寺まで逃げます。

e0347862_22055565.jpg


e0347862_22060377.jpg


e0347862_22075250.jpg


e0347862_22070050.jpg

それから11年後、故郷・井伊谷に戻った亀之丞は、井伊直親となって井伊家当主となるのです。


[PR]
by koharu07028 | 2017-02-09 17:30 | 直虎ゆかりの地
NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』が始まりましたね。
近くに住んでいながら、直虎のことは全く知らなかったので
新鮮な気持ちで毎週楽しみにしています。
子役のおとわちゃんがめっぽうかわいい。
男の子たちも演技うまいなぁと感心してみています。

大河ドラマの最後に流れる「紀行」を順々に訪ねてみようと、土日に出かけています。

第1回の紀行で紹介された「井伊谷城跡」です。

e0347862_07283867.jpg


e0347862_07285045.jpg


e0347862_07290417.jpg


e0347862_07292198.jpg


e0347862_07291307.jpg

桶狭間の戦いを経て、どのように井伊直虎(おとわ)が井伊家当主となっていくのか
これからがとても楽しみです。

今も森の中で、おとわ・亀之丞・鶴丸らが元気に駆け回り、遠く遠州一帯を眺めているようです。


[PR]
by koharu07028 | 2017-02-01 17:25 | 直虎ゆかりの地