お気楽50代夫婦が、旅行したところ、食べたもの、読んだ本など、いつもの毎日をつづっています。


by こはる
鳥羽でランチして水族館に行き、帰宅の途に就く途中で伊勢・二見浦の
波打ち際に鎮座する【二見興玉神社の夫婦岩】に立ち寄りました。
e0347862_22243469.jpg
その昔、倭姫命 (やまとひめのみこと) が天照大御神 (あまてらすおおみかみ) の
御鎮座の地を求めて訪れた時、あまりの美しさに二度振り返ったことからそ
の名がつけられたという二見浦。
その二見浦の夫婦岩。
e0347862_22245583.jpg
夫婦岩を結ぶ大注連縄 (おおしめなわ) は1本の長さ35mで男岩に16m、
女岩に10m張られ、毎年3回、大注連縄張神事が行われています。
e0347862_22250364.jpg
神社近くでは猿田彦大神のお遣いといわれるカエルをそっとなでて、
「若カエル」にあやかりました。


[PR]
# by koharu07028 | 2015-07-26 00:15 | 三重県ぶらり旅 | Trackback | Comments(0)

鳥羽市 【西村食堂】

今回、鳥羽に来たのは【西浦食堂】が目的。
旦那さんのお友達おすすめのお店。
三重県鳥羽市の小さな港・石鏡港沿いにあります。

e0347862_07232814.jpg

おすすめは刺身定食。新鮮です。

e0347862_07234084.jpg

煮つけも美味しい。

e0347862_07233871.jpg

サザエの壺焼きで〆て、来た甲斐ありました。

e0347862_07234343.jpg

お昼時、ライダーの方たちがたくさん待っていて、
ライダーに人気のお店のようでした。

ごちそうさまでした。


[PR]
# by koharu07028 | 2015-07-25 00:10 | グルメ | Trackback | Comments(2)

鳥羽市 【鳥羽水族館】

【鳥羽水族館】の変わり者たち!

e0347862_20353917.jpg

↑一度見たら忘れられないフォルム。
人気エリアから外れ、日の目を見ない暗い片隅でひっそりと、
しかし強烈な存在感を放っているのは、多足のタコの標本や、
ウツボ、ミノカサゴ、電気ウナギたちです。

e0347862_20355026.jpg
e0347862_20485956.jpg
e0347862_20360032.jpg

子供たちで大賑わいの中、中高年夫婦はクーラーの効いている
あえて人の少ない展示コーナーをじっくり見て回りました。


[PR]
# by koharu07028 | 2015-07-24 00:33 | 三重県ぶらり旅 | Trackback | Comments(0)
三連休最後の月曜日は、伊勢湾フェリー、伊良湖から鳥羽まで55分の船旅です。
伊良湖に着いて、乗船手続きをしたら、まずは名物大あさりで腹ごしらえです。
ビールが欲しくなる美味しさ。
e0347862_21420997.jpg
一人330円プラスして特別室に行きました。
e0347862_21421709.jpg
船尾のほうは私たちしかおらず、ほぼ貸切り状態。
朝早かったので、二人して爆睡。

旅情を味わおうと思っていたのに、寄る年波には勝てません。
船から見る景色を数枚とっているうちにもう到着。
e0347862_21423973.jpg
e0347862_21424980.jpg
あっという間の船旅でした。


[PR]
# by koharu07028 | 2015-07-23 00:15 | 愛知県ぶらり旅 | Trackback | Comments(0)
三連休の真ん中、産業カウンセラーの資格登録更新研修を受けに行きました。

産業カウンセラーの資格は、ポイント制になっており、
セミナーを受講してポイントを満たさないと、
更新ができないことになっています。

今回の研修はポイントが高く、私の場合これで必要なポイントを
満たすことができるので参加することにしました。

旦那さんに駅まで送ってもらい、新幹線に乗り会場へ。
(地方に住んでいると、こういう交通費の出費が痛いんですよね)

講義といっても、午前も午後もDVD視聴。
眠くなるかと思っていましたが、午前中の「カウンセリングを学ぶ」では
内容に引き込まれました。
e0347862_12102430.jpg
(↑このような椅子だったので、一日受講するとけっこう疲れました)

「カウンセリング」の本質としての自己対話のところで
「非審判的・許容的雰囲気」の説明の時、
こんなエピソードを先生が話されました。

京都のお医者さん、早川一光先生が往診をしたところ、
ねたきりのおばあさんのおしりに青あざがある。
あれっと思って、お嫁さんに聞いたら、
お嫁さんが「すみません、すみません」と畳に頭をこすりつけ平謝りしたそうです。

すると、先生は、
「いやいやそうやない。おしりは痛うないから太ももの内側をつねり」
とおっしゃったそうです。
お嫁さんはこの言葉を聞いて、ぽろぽろ涙をこぼしました。

先生の言葉には、
「あんたがこのきっついおばあをよくみていることを、私はわかってるよ」
というメッセージが入っており、お嫁さんの行為を非難するのではなく
「非審判的・許容的雰囲気」でお嫁さんに接していたのです。

という先生の解説を聞いて、言葉として理解するのは簡単だけど
自分ができるようになるには、道は遠いなぁと思いました。

午後はお昼を食べた後、なんとかがんばったものの
ゆらゆら舟をこいでしまったことを白状いたします。


[PR]
# by koharu07028 | 2015-07-22 13:25 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(4)