お気楽50代夫婦が、旅行したところ、食べたもの、読んだ本など、いつもの毎日をつづっています。


by こはる

<   2017年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

牧之原市の相良海岸で行われた【さがら草競馬大会】。
第41回の今年は、県内外から約40頭の馬が参加しました。
かつて、中央競馬で走っていた馬も出場しています。

e0347862_07561901.jpg


e0347862_07563144.jpg


e0347862_07563922.jpg


e0347862_07564773.jpg


e0347862_07565625.jpg


走っている美しい姿を間近に見ることができ、感無量。

そのカッコイイ馬が浜辺を疾走する姿を「流し撮り」で旦那さんがカメラに収めてくれました。

(撮影日:4月23日)

[PR]
by koharu07028 | 2017-04-29 17:30 | 静岡県ぶらり旅 | Trackback | Comments(6)
『おんな城主 直虎』第12回の紀行で紹介された 【井伊直親の墓】です。

井伊直親は永禄5年(1562)12月14日、小野但馬のざん言により今川氏真から謀反の疑いをかけられ
駿府に赴く途中、掛川の山中で殺害されました。享年27才。

墓は龍潭寺をはじめ4ケ所にあり、井伊谷近くを流れる都田川沿いのこの場所は
直親の亡骸を火葬した場所と伝えられています。
川沿いの目立たないところにありますが、この日も観光客が次から次へと訪れていました。

e0347862_08001027.jpg



e0347862_08002343.jpg


小さな石碑の手前には嘉永4年、子孫である大老・井伊直弼が墓参に訪れた際に寄進した灯籠が一対、
桜と共に今も墓をしっかり守っています。

(撮影日:4月9日)



[PR]
by koharu07028 | 2017-04-28 17:31 | 直虎ゆかりの地 | Trackback | Comments(4)
あぷとラインの旅を終え、次に向かったのは、夕日に染まる鄙びた趣の【千頭温泉 旬】。

e0347862_07440343.jpg



e0347862_07441464.jpg


温泉で温まった後は、山菜天ぷらそばと熱々のおでんを頂き、大満足の一日でした。

e0347862_07442223.jpg



e0347862_07442944.jpg

ごちそうさまでした。


[PR]
by koharu07028 | 2017-04-27 17:41 | 静岡県ぶらり旅 | Trackback | Comments(4)
SLを撮影したあとは、全線復旧した大井川鉄道井川線 【通称・南アルプスあぷとライン】に乗りました。
大井川上流の千頭(せんず)駅~井川駅までの25.5kmを結ぶ鉄道です。
ずっと乗りたかったのでテンションが上がります(^^)

e0347862_21361848.jpg


e0347862_21571556.jpg


e0347862_21572833.jpg


鉄道日本一の急勾配を上るためピニオン(歯車)車輪にラック(歯切り)線路を嚙合わせる「アプト式」の使用区間です。下にはキャンプ場が見えます。
e0347862_21372465.jpg


景観の美しさは全国区の「奥大井湖上駅」に向かっています。
e0347862_21375064.jpg


日本一の高さで震えがくる「関の沢鉄橋」。
e0347862_21380349.jpg


鉄道ファンも認める超秘境駅「尾盛駅」。
ゲームのバイオハザードに出てくるような雰囲気です。
e0347862_21402220.jpg

終点井川駅で降りて、おでんを食べて少し散策してからまた折り返しの電車に乗って帰りました。

見所満載の大鉄あぷとライン。
超おすすめです。
(撮影日:4月16日)

[PR]
by koharu07028 | 2017-04-26 17:28 | 静岡県ぶらり旅 | Trackback | Comments(4)
大井川鉄道・家山の桜トンネルを抜けて鉄橋を渡る雄姿は、
親子連れで満員の大鉄・桜期間限定特別急行列車【C11形 227号】です。
昭和17年9月製造の高性能SLで、時速85キロの高速走行が可能です。
北海道標津線より入線以来、今も活躍し続ける大鉄の看板機関車です。

e0347862_21205243.jpg

毎年、この1枚で全てが報われる感じがします。
とはいえ、撮影は旦那さん。
私は線路の下で車輪を撮ろうと連写するも失敗。
なんだかよくわからない水滴が降ってきて、ギャーッとなっていました。

(撮影日:4月16日)

[PR]
by koharu07028 | 2017-04-25 17:25 | 静岡県ぶらり旅 | Trackback | Comments(4)
世界文化遺産・富士山構成資産【富士山本宮浅間大社】の桜は、散っても散っても湧き咲いてくるようでした。


e0347862_21063414.jpg


e0347862_21070622.jpg


e0347862_21082804.jpg


e0347862_21072151.jpg

(撮影日:4月15日)




[PR]
by koharu07028 | 2017-04-24 17:25 | 静岡県ぶらり旅 | Trackback | Comments(4)
最後のお花見に出かけようと、富士宮市の狩宿の下馬桜を見に行ったところ、
もうすでに散っていたので、近くの【大石寺境内の桜】を見に行きました。

子供が走っていたり、カップルが仲良く歩いていたり。

e0347862_07383358.jpg


e0347862_07381750.jpg


e0347862_07380586.jpg


e0347862_07375079.jpg

たくさんの桜を見ることができて大満足。
深呼吸をたくさんしてリフレッシュできました。

来年はお弁当を買ってここで食べようと旦那さん。
お弁当作ってと言わないところがナイス(^^)
(撮影日:4月15日)


[PR]
by koharu07028 | 2017-04-18 17:33 | 静岡県ぶらり旅 | Trackback | Comments(4)
今年も小雨の中、足を運びました。
静岡県西部・周智郡森町の国指定重要無形民俗文化財【天宮神社十二段舞楽】です。
十二段舞楽は約1300年前に京から赴任した神職が伝えたとされれています。

今年も次代を担う子供たちの真剣な舞が披露され、境内は笛の音と共に幻想的な悠久の時が流れました。

e0347862_08000586.jpg


e0347862_08001483.jpg


e0347862_08002685.jpg


e0347862_08003822.jpg


e0347862_08005625.jpg


e0347862_08004736.jpg


(撮影日:4月1日)

[PR]
by koharu07028 | 2017-04-15 17:35 | 静岡県ぶらり旅 | Trackback | Comments(0)
姫様道中では、広場にゆるキャラ揃い踏みでした。

【出世大名 家康くん】の「鰻ちょんまげ」に宿る出世運。
浜松餃子をPR中です。
ところで家康くん、下向きの細長い▼が口のようですが、
その上にあるUが口なのでした。

e0347862_08073077.jpg


【出世法師 直虎ちゃん】が持つ「鰻の思い槍」。

e0347862_08073789.jpg

こちらの二人、大人気でたくさんの子供たちに囲まれて、記念撮影をしていました。
直虎ブームの今、皆さまもぜひ「出世の街・浜松」においで下さい(^^)

[PR]
by koharu07028 | 2017-04-14 17:25 | 静岡県ぶらり旅 | Trackback | Comments(2)
昔、東海道の浜名湖船渡しや検閲厳しい新居関所を避け、北部の引佐峠を越える
「本坂道(通称・姫街道)」の往来も盛んで、幕末には天璋院篤姫様も通られています。

そんな姫街道沿いの旧気賀宿では今年も【姫様道中】が披露され、とびっきり綺麗な姫様と
可愛らしい次郎法師に多くのカメラマンがシャッターを連写していました。

e0347862_23261652.jpg


e0347862_23262571.jpg


e0347862_23263302.jpg


e0347862_23264187.jpg


e0347862_23264750.jpg


e0347862_23265490.jpg


e0347862_23270133.jpg


(撮影:4月2日)


[PR]
by koharu07028 | 2017-04-11 17:22 | 静岡県ぶらり旅 | Trackback | Comments(2)