お気楽50代夫婦が、旅行したところ、食べたもの、読んだ本など、いつもの毎日をつづっています。


by こはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:直虎ゆかりの地( 9 )

大河ドラマ第7回「検地がやってきた」のシーンで、今川家が井伊家の領地を検地する際、
直親らが最後まで隠し通そうとした「川名の隠れ里」。
その里を潤したのが浜松市北区引佐町に現存する「久留女木の棚田」です。
今川方検地奉行・岩松(木村祐一)の亡き奥方のために次郎法師(柴咲コウ)がお経を捧げた場所から撮った夕景です。


e0347862_21353154.jpg


この写真を撮る前に、棚田の先にある【竜宮小僧伝説の地】にも足を運びました。
山深い道を進みます。

e0347862_21371830.jpg


e0347862_21374239.jpg


竜宮小僧が眠るという小さな淵です。

e0347862_21375256.jpg


e0347862_21380777.jpg

困っている人をそっと助けてくれる「竜宮小僧」。
大河ドラマで直虎は今、自らが竜宮小僧となり、井伊家当主として領民のために東奔西走しています。

(撮影日:6月4日)

[PR]
by koharu07028 | 2017-06-19 17:33 | 直虎ゆかりの地 | Trackback | Comments(4)

浜松市 【龍潭寺】 

サツキの咲くこの時期、龍潭寺の庭園を見に行きました。
こちらの庭園は江戸時代初期に作られ、昭和11年に国指定名勝となりました。
京都二条城、南禅寺などの庭園を作ったことでも有名な「小堀遠州」の力作です。

e0347862_07360972.jpg



山門の青もみじや、境内でさり気なく咲く花に、一時の清涼を感じました。

e0347862_07380531.jpg


e0347862_07384647.jpg


e0347862_07390554.jpg


e0347862_07385971.jpg


e0347862_07385451.jpg


この時期の龍潭寺、おすすめです。
(撮影日:6月4日)


[PR]
by koharu07028 | 2017-06-14 17:31 | 直虎ゆかりの地 | Trackback | Comments(2)
『おんな城主 直虎』第17回の紀行で紹介された、静岡県森町の【蓮華寺】です。

慶雲年間(704年ころ)、行基によって創建された東海の古刹です。
戦国時代、今川氏はこの寺を通じ、各地で腕を磨いた鋳物の名工たちを取りまとめ、
軍事力を強化していきました。
商人・瀬戸方久も度々、出入りしています。

e0347862_21561883.jpg


e0347862_21571081.jpg


e0347862_21584646.jpg


e0347862_21575817.jpg



さて、【西金谷八幡宮】です。
こちらの西金谷の八幡宮様には鋳物師の守護神が祀られていました。
現在は濁った池の畔の昼なお暗き所に小さな社がひっそりと残され、
辿り着くまで怖かったのですが、勇気をもって参らせていただきました。

e0347862_22023376.jpg


e0347862_22030422.jpg

こちらを見つけるまで苦労しました。
町立歴史民族資料館の館長さんに聞いたりして、ようやく探し当てました。
宝探しみたいでかなり楽しかったです。



[PR]
by koharu07028 | 2017-05-23 07:16 | 直虎ゆかりの地 | Trackback | Comments(4)
『おんな城主 直虎』第12回の紀行で紹介された 【井伊直親の墓】です。

井伊直親は永禄5年(1562)12月14日、小野但馬のざん言により今川氏真から謀反の疑いをかけられ
駿府に赴く途中、掛川の山中で殺害されました。享年27才。

墓は龍潭寺をはじめ4ケ所にあり、井伊谷近くを流れる都田川沿いのこの場所は
直親の亡骸を火葬した場所と伝えられています。
川沿いの目立たないところにありますが、この日も観光客が次から次へと訪れていました。

e0347862_08001027.jpg



e0347862_08002343.jpg


小さな石碑の手前には嘉永4年、子孫である大老・井伊直弼が墓参に訪れた際に寄進した灯籠が一対、
桜と共に今も墓をしっかり守っています。

(撮影日:4月9日)



[PR]
by koharu07028 | 2017-04-28 17:31 | 直虎ゆかりの地 | Trackback | Comments(4)
『おんな城主 直虎』第9回の紀行で紹介された 龍潭寺に眠る直虎の父・井伊直盛のお墓
(向かって左側)です。

e0347862_07393151.jpg


直盛のお墓の横には、激動の時代を駆け抜けた井伊家の人々のお墓が並んでいます。
右から井伊直盛正室、井伊直虎、井伊直親、井伊直親正室、井伊直政が眠っています。

e0347862_07394326.jpg


ひっきりなしに観光客が訪れているので、騒がしいのうと思っているかもしれませんね。


[PR]
by koharu07028 | 2017-03-06 17:24 | 直虎ゆかりの地 | Trackback | Comments(2)
『おんな城主 直虎』第4回の紀行で紹介された 【龍潭(りょうたん)寺】に行ってきました。

今回の大河ドラマで、度々登場する龍潭寺は733年の開創です。
浜松北部の水豊かなこの地「井の国」で、およそ600年に渡り領主をしていた井伊家の菩提寺です。

e0347862_07293062.jpg


e0347862_07300277.jpg


e0347862_07294756.jpg


e0347862_07314641.jpg


e0347862_07313407.jpg


また、東海一の名園は、二条城の庭園などを作庭した「小堀遠州」の作で、昭和11年に国の名勝記念物になっています。

e0347862_07311572.jpg


e0347862_07305948.jpg

庭園になる前はドラマのように、僧侶たちが畑を耕したり武術に励んだりしていたんでしょうね。
おとわや亀達もここで眠っています。


[PR]
by koharu07028 | 2017-02-28 17:22 | 直虎ゆかりの地 | Trackback | Comments(2)
静岡県御前崎市新野地区の茶畑に囲まれ鎮座する左馬武神社に祀られているのは「情けの武将」
として慕われる新野左馬助(にいのさまのすけ)です。

e0347862_21202846.jpg


e0347862_21204243.jpg


e0347862_21205668.jpg


左馬助(大河ドラマでは苅谷俊介さん出演)は井伊直虎の伯父、そして、徳川四天王・井伊直政の
命の恩人でもあります。

苅谷俊介さんがお墓参りをしている様子はこちらからどうぞ

e0347862_21210924.jpg



e0347862_21212600.jpg

永禄7年(1564年)、浜松・引馬の戦いで討死するまで、今川家臣であるとともに井伊家に粉骨砕身をもって尽くしました。

[PR]
by koharu07028 | 2017-02-21 17:30 | 直虎ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)
『おんな城主 直虎』第2回の紀行で紹介された【井殿の塚】と【東光院】に行ってきました。

【井殿の塚】
天文13年(1544)12月、井伊直満(宇梶剛士)並びに直義兄弟は、
家老である小野政直(吹越満)の謀略により駿河の今川舘で殺害されます。
井伊家は深い悲しみの中、両者の遺骨を納めた輪塔|井殿の塚を建て供養しました。
江戸末期の嘉永5年6月には、大老・井伊直弼も来訪して塚に礼拝しています。

e0347862_21563404.jpg


e0347862_21564449.jpg


e0347862_21570815.jpg


e0347862_21565832.jpg


【東光院】
井伊直満の 事件の後、直満の息子である亀之丞も命を狙われます。
家臣の今村藤七郎の手助けにより東光院に逃げ込み、身を寄せていましたが、
更に追手が迫ったため、信州の松源寺まで逃げます。

e0347862_22055565.jpg


e0347862_22060377.jpg


e0347862_22075250.jpg


e0347862_22070050.jpg

それから11年後、故郷・井伊谷に戻った亀之丞は、井伊直親となって井伊家当主となるのです。


[PR]
by koharu07028 | 2017-02-09 17:30 | 直虎ゆかりの地 | Trackback | Comments(2)
NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』が始まりましたね。
近くに住んでいながら、直虎のことは全く知らなかったので
新鮮な気持ちで毎週楽しみにしています。
子役のおとわちゃんがめっぽうかわいい。
男の子たちも演技うまいなぁと感心してみています。

大河ドラマの最後に流れる「紀行」を順々に訪ねてみようと、土日に出かけています。

第1回の紀行で紹介された「井伊谷城跡」です。

e0347862_07283867.jpg


e0347862_07285045.jpg


e0347862_07290417.jpg


e0347862_07292198.jpg


e0347862_07291307.jpg

桶狭間の戦いを経て、どのように井伊直虎(おとわ)が井伊家当主となっていくのか
これからがとても楽しみです。

今も森の中で、おとわ・亀之丞・鶴丸らが元気に駆け回り、遠く遠州一帯を眺めているようです。


[PR]
by koharu07028 | 2017-02-01 17:25 | 直虎ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)