お気楽50代夫婦が、旅行したところ、食べたもの、読んだ本など、いつもの毎日をつづっています。


by こはる
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:長野県ぶらり旅( 8 )

10月8日に穂高神社に行こうと友人に誘われました。
友人は毎年、穂高神社にお参りをしており、今回一緒にと言われて喜んで同行しました。
旦那さんも一緒に6人で朝5時30分に出発。

この友人はちょっと不思議で、行く前にこんなことがありました。
お参りを予定した日は、長野は雨の予報
雨だったら中止?と聞いたら、「自分が行くときは晴れるから大丈夫」との答え。

行く道中も大雨でどうなるかと思ったら、神社の周りは晴れていました。

e0347862_20224945.jpg

表参道の鳥居を潜ると厳粛な雰囲気に包まれ、境内一帯に神通力が漂っているように思われます。
神社仏閣には数多く行っている方だと思いますが、ここは特別な感じがしました。


e0347862_20225998.jpg


e0347862_20242030.jpg


e0347862_20243589.jpg

穂高神社は、古くから日本アルプスの総鎮守として、また交通安全の守神として、深く信仰されています。
拝殿などは平成21年に建て替えられ、その輝きを全身で浴び、御利益を授かってきました。
こちらの神社の上だけ晴れています。
e0347862_20242818.jpg



e0347862_20250885.jpg

お酒を奉納してから、神社をあとにし、お蕎麦屋さんに向かいました。

[PR]
by koharu07028 | 2016-10-12 17:30 | 長野県ぶらり旅 | Trackback | Comments(2)

長野県 【上高地】

社員旅行の最後は初秋の【上高地】でした。

おいしい空気を吸いながら、遠く厳しく聳える穂高連峰を望みました。

e0347862_21561190.jpg



河童橋もたくさんの人でしたよ。


e0347862_21564858.jpg


e0347862_21583745.jpg


ここはもう一度訪れてゆっくり散策したいと強く思いました。

ファンが多いのもうなずけます。

e0347862_21592171.jpg


私達が行った時には、まだ半袖でも大丈夫でしたがもうかなり寒いでしょうね。


[PR]
by koharu07028 | 2016-09-26 17:35 | 長野県ぶらり旅 | Trackback | Comments(4)

妻籠宿では、蕎麦と五平餅の看板が出ている【しんや】の暖簾をくぐり、ざる蕎麦と心太を注文しました。


e0347862_21560709.jpg



e0347862_21562918.jpg



e0347862_21563767.jpg


渋いお店で、時が止まったように穏やかな気持ちの中、BGMの抒情歌に子供の頃の夏休みを思い出しました。

日本人の心を少し取り戻したような一時でした。


[PR]
by koharu07028 | 2016-09-08 17:35 | 長野県ぶらり旅 | Trackback

8月半ば過ぎ、長野県木曽郡南木曽町の妻籠宿から馬籠峠を越え、岐阜県中津川市の馬籠宿まで移動し、情緒いっぱいのぶらり旅をしてきました。


【妻籠宿】の街並みは江戸時代にタイムスリップした感じで、馬籠宿までの道中は旧中山道、宮本武蔵が修業したと言われる男滝・女滝など、見どころ沢山で、僅かに秋の風も感じました。


e0347862_07520467.jpg




e0347862_07524187.jpg




e0347862_07523545.jpg


e0347862_07533834.jpg


e0347862_07524773.jpg


旅レポ、続きます。
お付き合いいただければうれしいです。



[PR]
by koharu07028 | 2016-09-07 17:30 | 長野県ぶらり旅 | Trackback | Comments(12)

今回の長野県ぶらり旅もこれで最後です。
長野県飯田市に鎮座する【元善光寺】に立ち寄りました。

e0347862_20444857.jpg
長野市にある善光寺のご本尊が最初に置かれた所で、「善光寺だけでは片詣り」
といわれているため、いつか来なければと思っていました。
e0347862_20445772.jpg
e0347862_20450828.jpg
本堂右手の入り口から地下へと続く通路に入る「お戒壇巡り」があり、
真っ暗な通路を右側にある壁をたどって歩いてみました。

本尊の真下に極楽往生できる開運の錠にふれることができるらしいのですが、
歩くだけで精いっぱいでした。

残念な思いを抱きつつ、紅葉勢い増す境内から遥か南アルプスを望みながら、
帰宅の途につきました。
e0347862_20453153.jpg
e0347862_20460606.jpg
長野県はまたゆっくり時間を取って行きたいですね。

[PR]
by koharu07028 | 2015-10-18 20:57 | 長野県ぶらり旅 | Trackback | Comments(8)

長野県 【不動滝】

【下栗の里】と【しらびそ高原】の次を考えていなかったので、どうするか作戦会議。
「滝が撮りたい」の一言で、検索し、飯田方面へ。


長野県下伊那郡高森町には迫力ある【不動滝】があります。


e0347862_22521681.jpg


長野県自然百選に選ばれた高さ50m、幅10mの滝!

e0347862_22525941.jpg


人里離れた道をポンコツ車で登り、更に駐車場から歩いて5分。

硬い1枚岩を流れ落ちる滝からは水の粉が舞い上がって全身に吹きかかり、
50mの高さから落ちた水は滝壺でしぶきとなって跳ね上がり、辺り一帯は急激に冷気が漂います。

e0347862_22522508.jpg


水しぶきを止めて撮ると迫力あるとご満悦の旦那さん。

e0347862_22531264.jpg


駐車場にあった
「最近クマをこの近くで見かけました。ご注意ください」の看板。
小心者の私は気が気じゃなくて、雄大な滝の姿も半分しか楽しめませんでした。


[PR]
by koharu07028 | 2015-10-15 23:00 | 長野県ぶらり旅 | Trackback | Comments(6)

天空の絶景地・下栗の里から【しらびそ高原】まで山道をドライブ。
標高1,900mに建つレストラン近くから眺める南アルプスの3,000m級の山々。

e0347862_22513984.jpg

足腰に自信がない私たちは、望遠で拡大して、僅かに輝く冠雪の美しさと
ダイナミックな自然の造形を楽しむのでした。

e0347862_22515257.jpg


e0347862_22520572.jpg


e0347862_22521422.jpg

お腹空いた!とレストランに勇んで入ったところ、
時間が早すぎたため軽食しかなく、五平餅とフランクフルトを
ジブリの曲が流れるレストランの片隅で、しょんぼりかじりました。

[PR]
by koharu07028 | 2015-10-14 22:57 | 長野県ぶらり旅 | Trackback | Comments(6)

天空の里第2弾! 凄い景色でしたよ!!
(第1弾は、水窪 天空の里でした)

今回は、南アルプスを望む長野県飯田市上村の標高1,000mの地区に
燦然と輝く【下栗の里】に行ってまいりました。

e0347862_22345233.jpg

最大傾斜38度の急斜面に点在する耕地や家屋の景色は
「にほんの里100選」にも選ばれ、オーストリア・チロル地方に
似ていることから、東京学芸大学名誉教授の市川健夫氏は、
下栗を「日本のチロル」と命名しました。

e0347862_22350779.jpg


e0347862_22345981.jpg

展望台で思わず固まってしまうほどの雄大さです。

ブログのコメント欄で下栗の里のことを聞かれたのがきっかけで
今回行くことになりました。
教えていただき感謝です(^^♪

展望台では、千葉県から朝日に照らされる下栗の里を撮影に来たと
いう初老のご夫婦がいらっしゃいました。
私たちも展望台に着いたのが、8時過ぎ。
三脚でゆっくり撮影がしたい場合は、込み合う前に行くのがおすすめです。

今回、浜松市から国道152号線を北上しましたが、とても参考になったのが
きたへふ(Cチーム)のブログさんでした。

152号線は、途中で途切れており、う回路で狭い山道を走るのですが
(道路に落ちている栗を拾うサルを見ました)
こちらを読んでいたので、心の準備ができており、安心して進むことができました。
この場を借りて、きたへふさんありがとうございます(^^)/

いろんなご縁で、今回のプチ旅行に相成りました。


[PR]
by koharu07028 | 2015-10-13 23:02 | 長野県ぶらり旅 | Trackback | Comments(6)